ディセンシアトライアルキットレビュー

アイコン肌荒れの原因は化粧品の成分かも!?

正しいスキンケア、やってますか?

スキンケア

ご自分の肌が「敏感肌」だと自覚されている方も、そうじゃない方も、”お肌をキレイにするために”使っているスキンケアや化粧品。 なのに、肌につけた後、ピリピリしたり、ブツブツや痒みが出てしまって、肌荒れを起こしてしまった…という経験を皆さん少なからずしているのではないでしょうか? これは、敏感に化粧品の成分に反応してしまっていることが原因で、いわゆる「敏感肌」故のトラブル。

時々「何を使っても全然平気」なんていう健康なお肌の方っていらっしゃいますよね?
敏感肌の方の中には、「持って生まれた肌質だから」と諦めている方も大勢います。 私もその一人でした。 元々色白で皮膚が薄いということもあり、紫外線や埃、花粉、化粧品には随分と泣かされてきました。
トラブルがある肌って憂鬱ですよね。 外に出ることも、人と会うこともイヤになる。 人の視線が気になったり、「肌どうしたの?」なんて言われた時には、たまらなくブルーな気持ちになります。

自分の肌に使えるスキンケアが中々見つけられず、そうは言っても何も使わないわけにはいかないので、自分なりに放浪していました。 散々肌トラブルに泣かされた分、スキンケアや化粧品の成分について、かなり詳しくなりました。 ドラックストアの店員さんに時々「どうしてそんなに詳しいんですか?」と言われます。 これは”敏感肌のお陰”なんですよね。




私の経験から言えることは、敏感な肌質の方であっても、反応する度合を軽く薄くすることは出来ます。そして、反応しなくなる脱敏感肌になることだって出来るんです。 すぐに強固なお肌を作ることは無理ですが、正しいスキンケア、化粧品を使うことで、お肌のバリア機能はアップされ、反応が変わってきます。 以前なら肌荒れしていたことに対しても、肌荒れすることなく過ごせるようになっていく。 健康な肌の方って、バリア機能が高く外部からの刺激に強いもの。 敏感肌であっても、そんな肌本来の強さを手に入れることが出来るのです。

言い換えれば、誤ったスキンケアや化粧品を使用したり、誤ったケア方法を続けていたら、敏感なお肌はどんどん過敏に虚弱になっていきます。 お手入れをしているのに肌トラブルが治らないという方は、もしかしたら誤った化粧品やケア方法が原因かもしれませんよ。


化粧品・スキンケア用品

市販されている化粧品やスキンケアの中には、化粧品の中には刺激の強い成分を含むものがありあす。敏感に反応してしまう敏感肌の方は、ただでさえ健康な肌の方に比べてお肌を守るバリア機能が低下しています。 そこに、刺激の強い成分を含んだスキンケアや化粧品を使ってしまうと、更にお肌のバリア機能を低下させ、より敏感に過敏に反応するようになってしまうのです。 スキンケアや化粧品の数は昔に比べたら比較にならないくらい、多くの種類が発売されています。 しかし、だからこそ、トラブルも増えています。

「元々敏感肌ではなかったのに、歳とともに敏感肌になってしまった」という方の中には、ホルモンバランスの乱れやストレスなど、体の内部からの原因だけでなく、肌に直接触れる化粧品が原因の方が少なくありません。

スキンケアや化粧品で反応してしまう肌は、その化粧品に含まれる成分を異物と勘違いして排除しようと過敏に反応しています。 通常であれば、肌の栄養として吸収するのを肌ストレスとして刺激を受けてしまうのが敏感肌。なんともやっかいで繊細すぎますよね…。



バリア機能を低下される原因

バリア機能が低下しているから敏感に反応してしまう敏感肌。 では、どんなことがバリア機能を低下させているのでしょうか。

防腐剤、保存料、アルコール

アルコール
市販の化粧品の中には、防腐剤や保存料、アルコールが含まれているものが多くあります。 それぞれ種類があるのですが、敏感肌の方には、旧表示指定成分などが原因となり、肌ストレスとなるケースは多々ありす。 私は、どの成分に自分が反応してしまうのか、長年苦戦した上でわかっています。 近年、敏感肌用として発売されている製品は多いのですが、成分を見ると実は敏感肌には刺激が強すぎる成分のものも多々あります。 直接肌につけるものだから、敏感肌だから、だからこそ、スキンケアや化粧品は自分に合うものを使いたいですね。



冷たい空気

エアコン
冬場の空気やエアコンがかった空気は乾燥しているので、お肌を乾燥させるだけでなく、肌ストレスの原因になります。



花粉、細菌

花粉
私は春になるとブツブツが出来たり、肌が痒く赤くなったりします。 原因は花粉。汗や皮脂に花粉が付着し、肌にストレスを与えます。



紫外線

太陽
年々、紫外線が強くなり、その危険性が知られるようになりました。 紫外線はお肌の組織を破壊し、老化を加速させると言われています。



誤ったケア方法

スキンケア
・ブラシやタオルでゴシゴシ強くこすって洗顔する。 ・強い力で顔面マッサージをする。 ・毛穴パックを定期的に行っている。 ・脂が出るから保湿は必要ないと考え、さっぱりしたケアしか行わない ・新しいスキンケアや化粧品を使った時、肌に合うか合わないか意識せずに使っている。



肌のお手入れは、方法を間違えると一番のストレスとなってしまいます。


まずはお試しから

長年のトラブルから、私は新しくはじめて使うスキンケアや化粧品は、必ず肌で刺激を確かめてから使うようにしています。

スキンケアや化粧品を購入して、一度使ったら肌に合わなかった。では勿体ないですよね。 経済的な理由だけでなく、肌で直接確かめるために、まずはトライアル的に使うことから始めます。

肌は一つの種類を長く使いつづけるより、時々変えたほうがいいと聞いたことがあります。 自分の肌にあったものを使い、正しいケアを続けていくと、肌の過敏さが抑えられ、肌ストレスも軽減されていきます。 私の場合、新しい商品を購入する時には、必ず見る「内容成分」 決してキャッチコピーだけでは信用しません。 更には、実際に使用した方の口コミをチェックします。 ここで「試してみる価値があるかも」と思うと、積極的にトライアルします。

スキンケアや化粧品を使って、何度もトラブルを起こしていると、何もトラブルを起きない時には、その製品に対して「よくめぐり合ってくれました」って気持ちになります。 最近は「敏感肌用」とか「ナチュラル成分」などとお肌に優しい印象を与える製品が多数発売されています。 でも、広告やキャッチコピーを鵜呑みにせず、まずは自分の肌に確認すること。 その製品が自分に合うか合わないか、肌が喜ぶのか拒否するのかは、自分の肌にしかわかりません。


近年で一番おススメの敏感肌用化粧品

私がここ数年試してみて、一番おススメするスキンケアがこちら。 3つのブランドがあり、それぞれ敏感肌を研究しつくして造られた製品です。 全て試して、実体験してみましたが、お肌が喜ぶという単純なものでなく、「これで健康な肌になれるかも」という期待を持つことが出来ました。

どれが今のあなたに必要か、私のレビューを見て決めてみてくださいね。
レビューはコチラ♪

→アヤナストライアルセットのレビュー

→サエルトライアルセットのレビュー

→つつむトライアルセットのレビュー


Copyright (C) 2014 ディセンシアトライアル.jp All Rights Reserved.