ディセンシアトライアルキットレビュー

アイコン老け顔の原因は敏感肌!?

そもそも敏感肌ってどんなお肌?

敏感肌の女性人口は、年々増えていると言われています。
そうは言っても「敏感肌」という病名があるわけではありません。
「敏感肌」というのは、どんなお肌のことを言うのでしょうか? 実は、自覚のない「敏感肌」の方も多くいらっしゃいます。 まずは、ご自分の肌が「敏感肌」なのか、チェックすることから初めてみましょう。




■敏感肌とは
敏感肌の方は刺激の強い化粧品を使ったり、洗剤などで肌が反応して肌が赤くなったり、肌荒れしたりします。また、下着や洋服が肌に触れる、シャンプーやリンスのすすぎ残りが肌に触れることでひりひりする。花粉やほこりが肌に付着することで痒みやぶつぶつが出来る…等。
このように一般的に普通の方では反応しないことでも反応してしまう肌質を「敏感肌」と言っています。 敏感肌の方の殆どは、実は「乾燥肌」でもあります。
お肌が乾燥してしまっていると、肌を守ってくれるバリア機能が損なわれます。 その為、外からの刺激を受けやすくなり、肌が敏感に反応してしまうのです。


■敏感肌の原因
ストレス、食生活、環境など、敏感肌の原因は様々です。

・誤ったスキンケア
敏感肌用のスキンケアや化粧品が数多く発売されるようになった現代。
「敏感肌用だから安心」と手あたり次第使って誤ったケアをしていると、肌がより過敏に反応してしまいます。 敏感肌だからこそ、スキンケアや化粧品、シャンプー、リンス、洗剤や柔軟剤など、直接肌に触れるものは、肌に合うものを選びたいもの。

・食生活の乱れ
敏感肌の方は、多かれ少なかれアレルギー体質の傾向があります。 アレルギーは、食事から取る栄養成分とも深い関わりがあります。 美肌を作るには、栄養も必要。
それが偏った食生活を続け、栄養が不足することで皮膚の表面の角質を繋ぎ止めているセラミドがもろく、崩れてしまったり、うまく形成されなかったりします。 そうなると、肌に異物が入りこみやすく、アレルギーを起こす原因となります。

・胃腸の不調
胃が弱っていたり、腸の働きが弱まるとお肌に悪影響を及ぼすことは知られています。
女性の多くの方が悩んでいる便秘は、お肌には大敵。 便秘は、腸の中の細菌バランスを乱し、悪玉菌を増加させます。 悪玉菌が増加すると、活性酸素を発生させ、これはお肌の老化に繋がります。


老けてみられるのは敏感肌が原因かも?!

見た目年齢

上の写真をご覧ください。左は敏感肌。右は健康な肌。
同じ方の頬の写真をお肌の状態を変えて比べてみました。
お肌の状態が、見た目年齢に大きく影響することは一目瞭然です。 敏感肌は肌荒れや吹き出物だけでなく、お肌の弾力も失ってしまいます。 これは、炎症を繰り返すことで、弾力を保つコラーゲンが破壊されているからです。

弾力がなくなると、いわゆるたるみ、しわが気になりだします。 いわゆる「老け顔」になるのは、敏感肌が原因かもしれません。 実際に敏感肌の方にお悩みを調査したところ、「実年齢より老けてみられる」という回答をされた方は少なくありませんでした。 敏感肌を解消して、若々しいお肌と顔を取り戻したいですね。



近年で一番おススメの敏感肌用化粧品

私がここ数年試してみて、一番おススメするスキンケアがこちら。 3つのブランドがあり、それぞれ敏感肌を研究しつくして造られた製品です。 全て試して、実体験してみましたが、お肌が喜ぶという単純なものでなく、「これで健康な肌になれるかも」という期待を持つことが出来ました。

どれが今のあなたに必要か、私のレビューを見て決めてみてくださいね。
レビューはコチラ♪

→アヤナストライアルセットのレビュー

→サエルトライアルセットのレビュー

→つつむトライアルセットのレビュー


Copyright (C) 2014 ディセンシアトライアル.jp All Rights Reserved.